[テクニカル・ワンポイント] ドル円、「200日線」ジリジリと上昇、現値と接近 サポートラインとなるかそれとも…

概況


FOMCのイベントが終了したが、ドル円は102円手前から押され、再び上値の重い展開が示唆されている。一方で、200日移動平均線がジリジリと上昇しており、現在は101円60銭程度に位置している。ドル円は現在101円90銭台半ばで推移しているが、200日線と接近している。目先は200日線がサポートラインとして働く可能性が指摘されているが、上値がさらに重くなると、200日線を割ることも考えられ、その場合、下値リスクが高まりかねない。注意が必要な局面だ。

戻る