[11日の海外マーケット概観] 株安を背景に円買い優勢 ドル円102円割れのレベルは底堅い

概況


11日の欧州序盤、株安や米長期金利低下でドル円は102円20銭を割るとストップロスを巻き込んで102近辺に下落。その後、欧米株などの下げ幅を拡大すると102円を割り込み、一時101円87銭近辺まで下値を切り下げた。クロス円も軟調に推移。ニューヨークのドル円は102円前後で推移。ダウが100ドル近く下落、10年債利回りが2.61%台まで低下。ドル円は101円90銭台では底堅い。

戻る