[外為全般] ドル円、クロス円弱含んだ後、仲値に向け買い直される

概況


ドル円、クロス円は午前9時半過ぎにかけてやや押されたが、仲値公示に向けて買い直されている。ドル円は101円97銭近辺まで弱含んだ後102円2銭近辺まで押し返されている。ユーロ円は138円5銭近辺まで下げた後138円13銭近辺、ポンド円は174円24銭近辺から171円34銭近辺まで反発、下げ幅を回復。豪ドル円は上値が重く、95円66銭近辺までジリ安。豪ドルは、午前10時30分発表の豪5月雇用統計発表を控えて様子見ムード。

戻る