[10日の海外マーケット概観] ユーロ売り直し ドル円は上値重い

概況


10日の欧州市場の主役はユーロ。売り直されてユーロドル、ユーロ円ともに下値を切り下げた。ニューヨークに入るとそのユーロの下げも一服、小動き状態に。米長期金利は2.64%まで上昇したが、ドル円は102円40銭近辺まで上昇にとどまり、その後は102円30銭近辺まで押された。下値は堅いが、上値の重さが目立つ展開。レンジ相場が続きそうだ。

戻る