[5日の海外マーケット概観] ユーロ下落の後急反発、ドル円は上昇の後下落

概況


欧州市場は欧州中銀(ECB)、英中銀の政策発表を控えて様子見。ドル円は102円50銭前後でもみ合い。ECBは、予想通りの利下げを発表すると同時に、総裁会見で一段の措置を発表ト表明するとユーロが急落。ドル円は102円60銭台に。ニューヨークは、ドラギECB総裁の会見が始まるとユーロ売り・ドル買いが優勢。ドル高につれてドル円は102円73銭近辺まで上昇。しかし、その後ユーロが急反発。ドル売りが強まるとドル円は102円34銭近辺まで下落。その後ダウが史上最高値を更新するなど株高が進むとクロス円が上昇。ドル円は102円40銭台で小動き。

戻る