[3日の海外マーケット概観] 米長期金利上昇でドル円102円50銭超える

概況


欧州市場では、時間外の米長期金利が上昇する中、ドル円は102円40銭台まで強含んだが、102円50銭を前に押された。その後欧州株が下落すると、ドル円102円30銭前後まで押された。ニューヨークは、米長期金利が上昇。製造業受注指数が予想を上回るとドル円は102円50銭を超えた。その後も長期金利の上昇は続いたが、ドル円は上値の重い展開に。

戻る