[外為全般] クロス円ジリ貧 ドル円は値幅10銭にも満たず

概況


クロス円がジリ貧。午前9時半過ぎにかけて日経平均とともにクロス円が上昇したが、買い戻しが一巡すると買い手不在の中で軟化。ユーロ円が139円21銭近辺、ポンド円が171円82銭近辺まで押された。豪ドル円は94円32銭近辺と、午前9時ごろからの上昇分を消した。ドル円は101円90銭近辺まで下げたが、午前9時以降の値幅は10銭にも満たず、極めて狭い。

戻る