[フォーカス] 21日発表の4月貿易収支に関心高まる 赤字額の大幅な縮小予想

概況


21日に発表される4月貿易収支に注目が集まっている。発表済みの4月上中旬分の貿易統計では輸出が前年比+2.8%(3月上中旬は同+7.6%)、輸入は同-2.7%(3月上中旬は同+22.8%)で、5256億円の赤字(前年同期7527億円の赤字)、4月上中旬までのデータを基に月間では6500億円前後の赤字と予想され、一部では5500億円前後の予想との見方もある。いずれにしても、前年4月の8774億円の赤字、今年3月の1兆4460億円の赤字を大幅に下回る赤字になりそうだ。速報値ベースで4月上旬が5197億円の赤字で、上中旬分が5256億円の赤字であることから中旬には既に収支はほぼ均衡しているともいえ、下旬次第では予想外に赤字額が縮小する可能性も指摘されている。その場合、外国為替市場では、円高の材料にされるケースがあることも念頭に置きたい。

戻る