[23日の海外マーケット概観] ドル円、欧州での下落をNYで買い戻す クロス円の戻りは鈍い

概況


23日の欧州市場は、夜間取引の日経平均先物が下落するともう一段の下げを誘い102円17銭近辺まで下落。前日安値を割り込んだためストップロスを巻き込んだ。クロス円も押された。ニューヨークは、米3月新築住宅販売件数が予想を下回ったことで長期金利が低下するとドル円は102円20銭台まで軟化。しかし、TPP交渉の進展が伝わったことや、アップルの好決算を受けて時間外のダウ先物が上昇したためドル円102円50銭台を回復。クロス円も買い直されたが、戻りは鈍かった。

戻る