[外為全般] 日経平均の上昇を背景にクロス円、ドル円が上昇

概況


日経平均の上昇を背景にクロス円、ドル円が上昇。特に午前10時30分発表の豪1-3月期消費者物価指数への上ブレへの思惑も加わって豪ドル円が96円23銭近辺まで上伸。ユーロ円は141円77銭近辺、ポンド円は172円77銭近辺まで上昇。ドル円も102円68銭近辺まで上げている。もっとも、その後、ドル買いの影響でドルストレートが軟化しているため、クロス円の上値は抑えられている。

戻る