[豪ドル] 豪中銀議事録受け売り優勢 対米ドル0.9388米ドル近辺、対円95円63銭近辺まで下落

概況


「豪ドルは歴史的に見ると依然高水準、最近の上昇で経済支援効果が弱まる」との豪中銀議事録の文言を受けて豪ドルが売り優勢の展開。対米ドルは0.9388米ドル近辺、対円で95円63銭近辺まで下落。

戻る