[外為全般] 黒田日銀総裁の強気の景気見通し受け円買い優勢 ただしドル円、クロス円とも8日安値圏どまり

概況


黒田日銀総裁は午後3時半からの会見で強気の景気見通しを示したことで円買い優勢。ドル円は102円72銭近辺、ユーロ円が141円22銭近辺、ポンド円は170円79銭近辺まで下落。ただし8日安値圏にとどまっている。

戻る