[2日午前の東京マーケット概観] ドル円3月高値抜く、一時103円92銭近辺まで上昇 円全面安

概況


マーケットでは、朝方からドル円は3月7日の高値103円77銭を狙う動きで、午前9時過ぎに、1日のニューヨーク高値の103円70銭近辺まで上昇したが、103円67銭近辺まで押された。しかし、その後も断続的な買い仕掛けにドル円は上昇、一時103円92銭近辺まで上げた。クロス円も上値を切り上げ、ユーロ円は143円43銭近辺、ポンド円は172円83銭近辺まで上げ、予想以上の減少となった豪2月住宅建設許可件数を受け売られた豪ドル円は95円95銭近辺まで買い直された。その後、午前11時前から上げ一服。その後、ドル円は103円82銭近辺、ユーロ円は143円29銭近辺、ポンド円は172円68銭近辺、豪ドル円は95円85銭近辺まで小緩んだ。ドル円は101円台から短期間に大きく値上がりしていることで、市場関係者の間では、そろそろ調整が入っても良い水準との指摘もある。

戻る