[外為全般] 仏、独、ユーロ圏3月製造業、サービス業PMI速報値が当面の焦点

概況


日経平均は先物主導に上昇、ドル円、クロス円とも一時株高を追う動きを見せたが、午後は上値が重く、ジリ安の展開。方向感がなく、小幅な往来となった。欧州では、日本時間午5時から6時にかけて仏、独、ユーロ圏3月製造業、サービス業PMI(購買担当者指数)速報値が相次いで発表される。底堅いトレンドが維持されるかどうかが最大のポイント。もっとも、強いのは独のみで他国はぜい弱感が否めない。その結果はユーロ相場に影響を与えることでその動向が注目される。

戻る