[外為全般] ドル円、クロス円、上値重い展開 中国主要指標発表控えやや調整含み

概況


ドル円、クロス円が上値重い展開。午後2時30分に中国の主要指標(2月鉱工業生産、小売売上高)発表前のポジション調整か。買い戻されたドル円が102円72銭近辺、ユーロ円が142円80銭近辺、ポンド円が170円80銭近辺まで押されている。堅調なオセアニア通貨も、豪ドル円は93円24銭近辺を高値に93円10銭近辺、NZドル円は88円1銭近辺を高値に一時87円88銭近辺まで下落。現時点での88円台定着は難しそうだ。

戻る