[NZドル] NZ中銀、予想通りの利上げ その後は上昇

概況


NZ中銀は日本時間13日午前5時、政策金利を現行の2.50%から0.25%引き上げ2.75%に決定した。市場の予想通り。NZドルは、対米ドルではいったん0.8434米ドル近辺まで売られた後反発、午前9時を過ぎて0.8533ドル近辺まで上昇。また、対円でいったん86円82銭近辺まで下げた後で87円58銭近辺まで反発、午前9時過ぎには87円75銭近辺まで上値を切り上げ。このレベルは11日から12日にかけて下落した局面の下落する直前で、この間の下落分を回復した格好だ。もっとも、ここのラインは上値抵抗ラインとなっている。ここを抜けるのかが当面の焦点。ウィーラー中銀総裁は、今年最大1.25%の利上げを実施する可能性に言及。今後の積極的な追加利上げ姿勢が示された。一方で、声明でも為替水準への警戒を示しているが、金利先高観が継続すれば、NZドル高につながる可能性は大きく、NZ中銀がどう対応するのか注目される。

戻る