[外為全般] ドル円、ユーロ円は小動きながら上値重い、ポンド円、豪ドル円はやや押される展開

概況


全般は小幅もみあい。ドル円は103円を回復したが、上値は重い。6日のニューヨーク市場で103円15銭近辺まで上げたが、その後は103円割れ、7日午前7時ごろに再び103円15銭近辺まで切り返したが、その後は103円トビ台で小幅な値動き。ユーロ円は142円80銭台中心で推移。ポンド円は172円40銭近辺まで押されているが、このレベルがサポートラインとなっている。また、豪ドル円は93円44銭近辺まで下落。

戻る