[20日の焦点] 注目は米12月「フィリー指数」と米11月中古住宅販売件数

概況


20日発表の景気指標は米中心に注目指標が多い。

先ず米12月フィラデルフィア連銀製造業景況指数。予想は▲3.0(11月▲10.7)と改善。もっとも、17日にすでに発表済みの米12月ニューヨーク連銀製造業景況指数が▲8.10と予想外の悪化を見せただけに、こちらもその動向が気になる。11月中古住宅販売件数(年率換算件数) も注目。このところ堅調な伸び、11月の予想は490万件(10月479万件)とさらに増加。ハリケーン来襲前の水準を回復した新規失業保険申請件数は36.0万件(前週34.3万件)とやや反動増を予想。このほか、米10月住宅価格指数は前月比0.3%(9月0.2%)、11月景気先行指標総合指数は▲0.2%(10月0.2%)を見込んでいる。

英では11月小売売上高(除自動車燃料) に要注意。予想は前月比0.4%(10月▲0.7%)とプラスを回復。スイスの11月貿易収支は22.5億スイスフランの黒字(10月28.2スイスフランの黒字)に縮小予想。

【20日発表の景気指標・イベント予定】
16:00 独11月生産者物価指数
16:00 スイス11月貿易収支
18:30 英11月小売売上高
22:30 加10月小売売上高
22:30 米7-9月期GDP(確定値)
22:30 米新規失業保険申請件数
24:00 米12月フィラデルフィア連銀製造業景況指数
24:00 米11月中古住宅販売件数
24:00 米10月住宅価格指数

戻る