[28日の焦点] 各国に注目指標控える

概況


28日の景気指標は注目指標が少なくない。ユーロ圏では、2月消費者物価指数(速)に目が離せない。下振れるとECBにによる追加利下げ観測が強まる可能性も。米でも10-12月期GDP(改)、米2月シカゴ購買部協会景気指数、米2月ミシガン大学消費者信頼感(確)、 米1月中古住宅販売仮契約指数など関心の高いものが控えている。予想を上回る指標の発表が続くのか再び弱い指標が優勢となるのかが焦点。また、10-12月期GDP(改)は速報力の下方修正が予想されているが、
その度合いに関心が集まろう。加10-12月期GDPも注目。

戻る