[26日の海外マーケット概観] リスクオフに傾斜

概況


26日の欧州市場は材料難にドル円は102円30銭台のもみ合い継続。ニューヨークは、ロシア軍事演習の報道が伝わり、リスクオフの円買いが先行。ドル円は102円10銭近辺まで下落。ユーロ円は140円割れ。しかし、米1月新築住宅販売件数の予想外の増加になると、米株が持ち直し、短期筋のショートカバー的な動きにドル円は102円61銭近辺まで上伸。その後、ウクライナ懸念や米5年債入札校長による米長期金利が低下でドル円は押される展開となり、終盤は102円30銭台まで伸び悩む。クロス円も同様の展開。

戻る