[外為全般] ドル円、クロス円総じて弱含み 下値は限定的

概況


日経平均の下落を受けてドル円、クロス円とも弱含んだが、下げは限定的。ドル円は102円44銭近辺まで下げたが、早朝につけた安値(102円45銭近辺)近辺までにとどまった。その後は小戻している。ユーロ円は140円75銭近辺、ポンド円は170円38銭近辺まで一時押された。豪ドル円は92円トビ台で小幅もみ合う展開。24日は米指標の発表は見当たらず、市場参加者は動きにくい環境に。

戻る