[20日の海外マーケット概観] 米株高でドル円、クロス円買い戻される

概況


20日の欧州市場は、仏PMIの悪化を受けたユーロ円の下げにつれてドル円は101円68銭近辺まで下落。しかし、欧州株が下げ渋り、米長期金利が上昇するとドル円。クロス円とも買い戻され、ドル円は102台を回復。買い戻しが一巡すると上値は重い。ニューヨークは、予想より強い米2月製造業PMIを材料にドル円が102円30銭台に強含んだ。その後、2月フィラデルフィア連銀景況指数駕窓外のマイナスにドル円は102円割れも、一時的で、米株が上昇すると、米10年債利回りの上昇につれてドル円102円42銭近辺まで買われた。クロス円も買い戻された。

戻る