[イエレン米FRB議長議会証言関連] 「今後の緩和縮小は経済見通しが引き続き確認されれば慎重なペースで継続」「1月と12月の雇用創出ペースが鈍かったことは驚き、結論を急ぐべきでない」

概況


伝えられているイエレン米FRB議長議会証言関連

イエレン米FRB議長議会(下院)証言原稿
・段階的に量的緩和の縮小を続ける可能性が高い
・2014年と2015年の緩やかな経済成長と雇用の回復を予測
・失業率は雇用情勢の完全なる指標ではない
・量的緩和の終了後も強い緩和政策が適切である
・失業率が6.5%を大幅に下回っても低金利は維持する公算

イエレン米FRB議長議会証言(質疑応答)
・フォワードガイダンスを通して可能な限り予見可能であるよう努める
・今後の緩和縮小は経済見通しが引き続き確認されれば慎重なペースで継続
・失業率にだけ焦点を当てる必要は無い
・労働市場は通常の状態に戻ってはいない
・1月と12月の雇用創出ペースが鈍かったことは驚き、結論を急ぐべきでない

戻る