[外為全般] ドル円、クロス円、徐々に持ち直すも上値は重い

概況


23日のニューヨーク市場は、米株安を背景に中国PMIやさえない米企業決算を嫌気した米株が急落、円買いが強まり、ドル円は14日以来の103円割れ、一時102円97銭近辺まで売られた。その後は緩やかに買い戻される展開。24日は午前9時過ぎ、ドル円は103円40銭台で推移。141円2銭近辺まで下げたユーロ円は141円60銭台まで持ち直し、171円20銭近辺まで下げたポンド円は172円を回復。その後は上値の重い展開に。豪ドル円は90円23銭近辺まで売り込まれたあとも戻りが鈍い。ドル円は105円台前半~103円割れの間でレンジを形成した格好だが、このゾーンが継続するのか崩れるのかポイントは米を中心とした株式相場となろう。クロス円も同様の展開に。

戻る