[16日の東京マーケット概観] ドル堅調地合い続く

概況


15日の欧州市場は、欧州株高をよそにドル円、クロス円とも上値が重い展開。ドル円は104円50銭近辺が抑えられた。ニューヨーク市場は、予想を上回る1月ニューヨーク連銀製造業景気指数を受けてドル円は104円50銭台に上昇。その後いったん押し戻されたが、米株が堅調な中で売り一巡後、ドル円は104円69銭近辺まで上げた。その後はもみあい。ドルストレートは軟調。クロス円も後半買い戻されたが、戻りは鈍い。

戻る