[外為全般] ドル円104円90銭台、高値圏では売りが優勢

概況


午前8時半過ぎから円売りが始まり、午前8時50分ごろにかけてドル円は104円92銭近辺まで上昇、いったん104円87銭近辺まで押されたが、午前9時を過ぎると104円93銭近辺まで切り返した。この高値圏では売りが優勢で、その後はもみあい。105円にはオプション絡みのドル売りや、日本の輸出企業のドル売りが控えていると見られる。

戻る