[外為全般] 午後、ドル円、クロス円、株高に連動せず 基本は米FOMCの結果待ちのスタンス

概況


午後、日経平均は先物主導で300円を超える上げとなったが、ドル円、クロス円は株の一段高に連動していない。午前中は株高を受けて上昇したが、午後はもみ合う展開。ドル円は103円を維持できず、一時102円80銭台まで押された。午後3時を過ぎても102円90銭近辺で小動き。今日の株先高が何だったのか、どのような思惑があるのかは分からないが、ここで後講釈をつけて上昇する場面とも思えない。外国為替市場は、米FOMCの結果待ちのスタンス。米FOMCで何が飛び出すのかを予想して売買するにはリスクが大きい。

戻る