[11日の海外マーケット概観] 米株軟調でドル円下落

概況


11日の欧州市場は、ユーロ円が141円を割り込むと、ドル円も弱含んだ。しかし、その後102円60銭台まで買い戻された。全般に値動きには乏しい。ニューヨーク市場は、ドル円が102円70銭台まで強含んだが、米株が下げに転ずるとドル円は反落、株がさらに下げ幅を拡大すると102円15銭近辺まで下げ足を速めた。その後、一時買い戻されたが、終盤は米株の下げ幅が広がるとドル円は102円30銭台まで押された。クロス円はレンジ内を上下動。

戻る