[外為全般] もみ合う いずれにせよ6日の米11月雇用統計結果待ち

概況


全般はもみあい。ドル円は102円30銭~102円40銭、ユーロ円は139円~139円10銭、ポンド円は167円55銭~167円70銭の比較的狭いレンジ。4日のニューヨーク市場は方向感の定まらない展開。予想を大きく上回る米11月ADP雇用統計を巡って、米金融緩和の早期縮小への思惑で米長期金利が急伸、ドル買い・ユーロ、円売りにつながったが、ドル円の上値は限定的。その後米株の下げ幅拡大でドル売り・円買い、ユーロ買い、米地区連銀景気報告を受けて米株が買い戻される展開。いずれにせよ、6日の米11月雇用統計の結果待ちになる。

戻る