[外為全般] 「欧米通貨上昇・アジアオセアニア通貨下落」の傾向が鮮明 円、豪ドル、NZドルなど下げ幅拡大

概況


欧米通貨上昇、アジアオセアニア通貨下落の傾向が鮮明。ドル円が102円42銭近辺、ユーロ円が139円40銭近辺、ポンド円が167円42銭近辺まで上げ幅を拡大。豪ドルは対米ドルで0.9055米ドル近辺、対ユーロで1.5025豪ドル近辺、NZドルは対米ドルで0.8084米ドル近辺、1.6830NZドル近辺まで下げ幅を拡大している。豪ドル円は92円75銭近辺まで売り直され、NZドル円は82円80銭近辺まで下げている。

戻る