[外為全般] ドル、欧州通貨は狭いレンジでもみ合う オセアニア通貨軟調、NZドルが対円、対米ドルで下げ幅拡大

概況


欧州市場で売られた円相場も、その後、米が感謝祭による休場で米時間帯に値動きがほとんどなかったことを引き継いで29日早朝からドルや欧州通貨は全般にもみあい。午前9時30分頃、ドル円は102円30銭台前半、ユーロ円は139円10銭台、ポンド円は167円10銭台で推移。これに対してオセアニア通貨は軟調。豪ドルは、午前8時過ぎに一時、対米ドルで0.9064米ドル、対円で92円74銭近辺まで売られた。現在も上値の重い展開。NZドルは、対米ドルで0.8103米ドル近辺、対円で82円87銭近辺まで下げ幅を拡大している。

戻る