[バーナンキFRB議長] 講演後の質疑応答で、「米経済がより高い金利水準で成長できる証拠を得るまでは、低金利を継続」など発言

概況


バーナンキFRB議長の講演後の質疑応答の内容について伝えられている。以下はその骨子。

財政の持続可能性が極めて重要
財政政策は金融刺激策と食い違っている
短期的な財政政策の制約を減らし、長期的な視点を持つべき
米経済がより高い金利水準で成長できる証拠を得るまでは、低金利を継続
労働参加率は危機の前から低下
労働参加率のトレンドはわれわれのコントロール外
所得と資産の格差がここ何年間で拡大
米金融当局の異例の措置で労働者数が増加、格差縮小に一助

戻る