[外為全般] 円売りの流れ変わらず ドル円83円31銭近辺まで上昇、12日NY高値更新 高水準の円売りポジションの処理が焦点へ

概況


円売りの流れは変わらない。ドル円は83円31銭近辺と12日ニューヨーク高値を更新。クロス円も強含んでいるが、ニューヨーク高値には届いていない。米FOMCで予想通りの追加緩和が決定され、82円91銭近辺と一時83円割れまで押されたが、円買いは一時的な動きにとどまった。すでに円売りの材料からは離れた展開に。円が下がるから売り、売るから下がるといった需給の問題に。これまで円売りはかなり高水準に積み上がっており、売り方がこの処分をどう行なうかが焦点の一つに。特にシカゴ通貨先物取引所(IMM)で円売りの中心となっている中心限月の取引最終日が17日に迎えるが、この売りポジジョンを先限月にロールオーバーするのか決済するのかに注目が集まっている。

USD/JPY 15分足 ボリンジャーバンド(25)

USD/JPY 15分足 ボリンジャーバンド(25)

戻る