[外為全般] ドル円、クロス円とも足元はやや弱含むもレンジ内の動き

概況


ドル円、クロス円とも足元はやや弱含んでいるが、レンジ内の流れに変化はない。上値が重く、下値は堅い。7日の欧州中銀理事会・ドラギ総裁会見、8日の米10月雇用統計の発表を控えて一方にポジションを取りにくい環境が続く。午前9時過ぎドル円は98円60銭前後、ユーロ円は133円20銭台、ポンド円が158円60銭前後、豪ドル円が93円90銭前後で推移。

戻る