[31日の焦点] 米新規失業保険申請件数、米10月シカゴ購買部協会景気指数、独9月小売売上高指数に注目

概況


31日発表の指標は、米新規失業保険申請件数と米10月シカゴ購買部協会景気指数に注目。米金融緩和の縮小は、今後の米指標の動向いかんにかかっている。今回のFOMC声明がハト派色を和らげる内容になったことが、妥当なのかどうかも米指標次第だ。もっとも、10月ADP雇用統計が弱かったように、米指標は当面、強い結果を示すとは考えにくい。このほか、独9月小売売上高指数にも注意。欧州景気は企業はまだ堅調さを残しているが、個人消費にかげりが見られる。

戻る