[23日の海外マーケット概観] ドル円、クロス円、円買いスタート後レンジ圏へ

概況


23日は、東京市場での円買いの動きが欧州市場でも継続。欧州株軟調、米長期金利低下のなかでドル売りが再開、ドル円は97円15銭まで下げた。その後は底値圏で小動き。ニューヨークでは買い戻しでドル円は97円50円近辺まで引き戻したが、米ダウの下落でドル円は97円21銭まで反落。その後は、材料難の中ドル円は97円30円台を中心にレンジ内の動き。クロス円もみ合う展開が続く。

戻る