[外為全般] ドル円、クロス円、次第に押される展開

概況


FOMC議事録で「複数のメンバーにとり緩和縮小見送りは比較的ぎりぎりの決定だった」との内容で
ドル円は97円64銭近辺まで上げたが、「1人除くすべてのメンバーは緩和縮小開始前に持続的な経済改善の一段の証拠が必要と表明」との文言で上昇前の97円20銭台まで押し戻された。その後、10日早朝はドル円が97円55銭近辺まで買い直されたが、午前9時過ぎには97円46銭近辺まで軟化。あとは小幅なもみあい。クロス円もほぼ同様な展開。早朝にユーロ円は131円87銭近辺まで買われたが、131円74銭近辺まで押されている。ポンド円は午前9時を過ぎて155円66銭近辺まで上げた後155円58銭近辺とダレている。

戻る