[外為全般] 狭い範囲でのもみあい 独12月ZEW景況感調査に注目

概況


午後は、全般に狭い範囲でのもみあい。FOMCやユーロ圏財務相会談などのイベントを控え動きにくい環境となった。午後1時半前から買い仕掛けにユーロが上昇する場面が見られたが、一時的な動きで、その後は小動きに。午前中に売られた豪ドルも下げ止まった。ドル円は午後に入って82円30銭台にジリ貧となったが、1日を通しての値動きは10銭程度にすぎない。当面は欧州勢待ちだが、午後7時発表のドイツ12月ZEW景況感調査が動意のきっかけになるか注目。

USD/JPY 15分足 ボリンジャーバンド(25)

USD/JPY 15分足 ボリンジャーバンド(25)

戻る