[外為全般] ドル円、クロス円、仲値公示をにらみ強含む展開

概況


米国債務上限問題への不安を背景にした米株安を背景に3日のニューヨーク市場でドル円が97円割った後、やや買い戻され、その後は97円10銭台後半~97円35銭レンジ内で推移。実質「ゴトー日」の4日の東京市場は、仲値公示での需給への思惑もあって一時97円39銭近辺まで強含んで、レンジを抜け出る動き。ユーロ円は132円68銭近辺、ポンド円は157円35銭近辺、豪ドル円は91円65銭近辺まで買い戻されている。その後はドル円、クロス円とももみ合う展開。

戻る