[外為全般] ドル円、クロス円上値重い ドル円は一時97円24銭近辺まで下落 豪ドル円も軟調

概況


2日のニューヨークでドル円は97円13銭近辺まで下落した後、米株の下げ渋りなどでやや買い戻されたが、欧州も含めて戻しても97円50銭台からは押される展開に。円に先高観が残っている表れとも見られ、結局、97円30銭台で終了。こうした円買い地合いは3日の東京市場にも引き継がれ、午前9時前から再び円買いに動き、午前9時を過ぎて97円24銭近辺まで下落。また、ニューヨークで、ドラギECB総裁の会見を受けユーロドルが上伸したのにつれて、東京市場のレベルだった132円台半ばまで買い戻されたユーロ円は132円14銭近辺、欧州中盤から158円前後でもみ合う展開が続いていたポンド円は157円82銭近辺まで軟化。ドル円とほぼ同じ展開となった豪ドル円は91円を割った後の91円40銭台後半から91円10銭近辺まで下げている。リスクオフのモードはなお継続か。

戻る