[外為全般] 米財政協議の行き詰まりを背景にリスク回避の円買い強まる ドル円97円56銭近辺まで売られる ユーロ円131円66銭近辺まで下落

概況


早朝、米財政協議の行き詰まりなどを背景にリスク回避姿勢が強まり、クロス円、ドル円が下放れでスタート。ユーロ円は131円66銭近辺、ポンド円は157円65銭近辺まで下げ,その後はやや買い戻しの動き。一方、豪ドル円は午前9時を過ぎて90円82銭近辺まで売られている。ドル円は98円割れの97円56銭近辺まで売られた。その後は下げ渋っているが、97円90銭近辺から押される展開。午前9時を過ぎて97円80銭近辺で小動き。

戻る