[外為全般] ドル円、クロス円、上値重く下値試す動きも

概況


日経平均が大引けにかけ下げ幅を拡大したことを受けてドル円、クロス円が売り直された。ドル円は98円58銭近辺、ユーロ円が132円81銭近辺、ポンド円が157円64銭近辺まで押され、25日の安値圏に。もっとも、安値を更新するまでには至っていない。午後3時を過ぎるとやや戻しているが、上値は重い。世界の株式市場全体がさえないことで、戻りは鈍い。上値が重いと、次には下値を試す動きが優勢となる可能性がある。リスクオフに傾斜するのか、欧州での動きに注意が必要だ。

戻る