12月10日の外国為替相場では、ドル円が小幅下落

概況


12月10日の外国為替相場では、ドル円が小幅下落。FOMCや総選挙を前に米国時間にかけて円の買い戻しが優勢で、一時82円11銭程度まで下落。ただ、米株式市場がシッカリで、その後は持ち直し、82円30銭台で取引を終了。

USD/JPY 15分足 ボリンジャーバンド(25)

USD/JPY 15分足 ボリンジャーバンド(25)

戻る