[外為全般] 方向感に欠く展開

概況


午後は方向感に欠く展開。正午過ぎにかけクロス円、ドル円が強含んだが、午後2時すぎにかけ、一時93円48銭まで上げたドル円は93円16銭近辺まで押された。しかし、その後93円39戦近辺まで買い直されている。133円19銭近辺まで買われたユーロ円は132円93銭近辺まで軟化。ユーロ円は結局、10日以降のレンジ上限から押される展開で、レンジ相場の中にあるといえる。ポンド円は158円78銭近辺を高値に158円37銭近辺まで下落。

戻る