[外為全般] ドル円、ユーロ円、ポンド円動けず、オセアニア通貨は押される

概況


17日のドル円は、東京、欧州、ニューヨークを経て動いたのは99円5銭~99円35銭のわずか30銭程度。ユーロ円は50銭程度にとどまった。18日(日本時間19日午前3時)のFOMC(米連邦公開市場委員会)結果発表を控えて市場参加者は動きとれない。日本時間明日午前3時までは、こうした展開が余儀なくされそうだ。午前9時過ぎ、ドル円は99円10銭台前半中心、ユーロ円は132円30銭台後半、ポンド円は157円60銭台で推移。中で、17日の海外でやや上昇したオセアニア通貨が弱含んでいる。92円96銭近辺まで上げた豪ドル円が92円59銭近辺、81円86銭近辺まで上げたNZドル円が81円47銭近辺まで押されている。

戻る