[外為全般] ドル円、クロス円、日経平均反発につれ上昇後に伸び悩む

概況


12日のニューヨーク市場は、日本時間午後9時30分発表の米新規失業保険申請件数が29.2万件と2006年以来の30万件割れという数字が出されてドル円は99円70銭近辺まで急騰。しかし、直後に件数の減少はシステム問題(すべての申請を処理できなかった)の影響と米労働省の見解が伝えられ99円40銭台まで急反落。その後、米ダウが下落に転じ、米10年債利回りが2.86%台へ低下するとドル円は99円近辺まで下値を切り上げ、この結果、今週初め9日早朝に東京五輪開催決定と、シリア情勢緊張の緩和による上放れで作られたマドを埋めた格好だ。その後、米株や夜間取引の日経平均先物の下げ渋りからドル円が買い戻され、午前9時以降は、日経平均の反発を受け上げ幅を拡大、一時99円69銭近辺をつけている。クロス円も同様の展開。ユーロ円は132円56銭近辺、ポンド円は157円48銭近辺、豪ドル円は92円30銭近辺まで上昇。もっとも、その後は伸び悩んでいる。

戻る