[4日の海外マーケット概観] 米株高からクロス円水準切り上げ、ドル円はレンジ内

概況


欧州市場は動きに乏しい展開。資源国通貨は買い戻しから上げ基調継続。欧州株が高寄りあと下落に転じるとドル円もジリ安。上値が重く、99円40銭台まで押された。ニューヨーク市場は、米7月貿易赤字額が予想より拡大するとドル円、クロス円ともに下押す。しかし、米国株が上昇すると米10年債利回りが上昇したことで、ドル円は99円80銭まで上昇したが、このレベルからは抑えられた。その後、米上院がシリア攻撃決議案を承認するとドル円ははやや下げたが、底堅く99円70銭台まで買い戻され、レンジ内の動きに。米株高を背景にクロス円は水準を切り上げた。

戻る