[29日の海外マーケット概観] ドル堅調地合い ドル円上値は重い

概況


シリアへの軍事介入があっても短期的、限定的になるとの見方から市場環境はとりあえず落ち着きを見せ、米長期金利が上昇するなか、ドル買い主導で欧州市場序盤にかけてドル円は98円台前半に水準を切り上げ。ニューヨーク市場は、米4-6月期GDP改定値が速報値から市場予想以上に上方修正されるとドル買いにドル円は98円52銭まで買い戻された。もっとも、上値は重く、その後は、98円10銭台と上昇前まで押された。しばらくして買い直され98円50銭近辺まで切り返したが、このレベルは重く、その後再び押されるなどでレンジ内の往来に。一方、欧州序盤からのドルストレートの下落基調は継続。ユーロドルは1.3219ドル近辺まで下落。午後は下げ渋り。

戻る