[13日の焦点] 米7月小売売上高、独8月ZEW景況感期待指数などに注目

概況


13日発表の景気指標は、欧州、米などに注目指標。米は、個人消費を見る上で重要な7月小売売上高に関心が高い。市場予想は前月比0.3%(6月0.4%)と、伸びはやや鈍化。一部には0.6%との強気見通しもある。ユーロ圏では、独8月ZEW景況感期待指数に注目。このところ独・製造業データに強さが見られ、アナリストや機関投資家、市場関係者向けのアンケートであるZEWの動きに関心が向いている。市場予想は39.9(7月36.3)に上昇が見込まれている。また、ユーロ圏6月鉱工業生産の予想は前月比0.9%(5月-0.3%)とやや回復の見通し。英は7月 消費者物価指数に注目。前年比2.8%(6月2.9%)と伸びがやや鈍化。英指標は、英7月王立公認不動産鑑定士協会(RICS)住宅価格指数が24(6月21)に上昇と堅調予想。日本は6月機械受注に注目。予想は前月比-7.0%、5月(10.5%)の反動減となりそうだ。

戻る