[外為全般] ドル円、クロス円と、下げ渋りも上値抑えられる

概況


ドル円、クロス円とも日経平均の下げ渋りとともにやや買い戻されたが、その後の日経平均とともに上値が重い。ドル円は96円割れの後96円26銭近辺まで持ち直したが、その後95円15銭近辺までダレている。128円を割り込んだユーロ円は128円35銭近辺まで戻したあと128円21銭近辺まで押されている。ポンド円は149円割れの後149円33銭近辺まで買い戻されたが、その後は149円15銭近辺まで弱含んでいる。豪ドル円は88円53銭近辺と、午前9時前からの下げを一時は回復。しかし、その後は再び軟化している。

戻る